カーテン生地の種類と素材

カーテンを購入する際にデザインだけで選んでしまうと、後になって窓の大きさや用途、ライフスタイルに対応しきれなかったと後悔することになります。そこで、この「カーテン生地の種類と素材」ページでは、生地の種類とそれぞれの特徴、素材と機能などについてご紹介し、これら情報を参考にしつつ満足のいくカーテン選び、もしくはオーダーメードカーテンを探すためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

カーテン地の種類

カーテン地の種類とは、実際にカーテンに使われる生地の種類のことを指し、生地の構造によっておおむね以下の4種に分類されます。
□ ドレープ生地
重厚感のある厚手のカーテン生地であるドレープ生地は、高い密度で織られているので手に取った感触が素晴らしく、また装飾性に優れた カーテン生地と言えます。他にも遮光性、遮蔽性、防音性、断熱性などさまざまな機能を備えているのが特徴で、綺麗な柄のものもあれば無地のものもあります。
□ プリント生地
フラットに仕上げた無地の生地に柄をプリントしたものがプリント生地です。織りで柄を出すドレープとは違って自由な表現ができるのが特徴です。 色彩が豊かなのでファッショナブルなカーテン地に向いている生地となっています。
□ レース生地
透明感のある薄手のカーテン生地の総称をレース生地と言いますが、これを二つに分類すると、編み機を使って編んだ生地を「レース」、織り機を使って織った生地を「ボイル」といいます。これらの薄手のカーテン生地を総称してレースと呼ぶのが一般的ですが、その多くはドレープやプリントとの 二重吊りで使われています。
□ ケースメント
ドレープとレースの中間的なカーテン生地であるケースメントは、見た目はレースに似ていますが実際はレースよりも素材的にバラエティに富んでおり、レース的な軽快さの中にもドレープのようなボリューム感を併せ持っている生地です。単品としても使えることはもちろんですが、ドレープとの二重吊りにも使っても見栄えのいいカーテンとなります。

recommend

便利屋 札幌
http://liferescue24.com/
流量計
http://www.u-sonic.co.jp/
軽井沢 別荘
http://www.ima2000.co.jp/
骨盤 クッション
http://mission-praise.com/
オール電化 横浜
http://www.yhome.co.jp/